男性ファッションには抜け感が大事

マチコ

女性のファッションと違い男性のファッションは雑誌の数も少ないし、無頓着な人も多いから参考にする人も少ないので、実はむずかしいと思うのです。
都会にいけば、様々なファッションの人が街をさっそうと歩いていたりしますが、それが自分に合うとは限りません。

 

あまり過激なファッションは着こなすのが難しいから、さりげないおしゃれをめざしたいところなのですが、この「さりげない」というのも案外難しいのです。

自分では「さりげない」と感じていても、他人から見てみれば「無難、普通、ダサい」となる危険性を秘めているのです。

ではさりげないおしゃれとはどうすればいいのかというと、やはりトータルコーディネートが必須になるのではないかと思います。

 

洋服だけでなく、髪型、靴にいたるまでの全てです。服装だけがイケていても、髪型がボサボサではぜんぜんおしゃれじゃないですよね。

 

また、アクセサリーなどもほどほどにつけるのもポイントです。男性のアクセサリーは派手ではないものの、ゴツイものが多く、ファッションにマッチしないものも多いです。

 

 

ファッションの傾向から考えてアクセサリーが合っているのか考えてみる必要があります。

 

シンプルなファッションで高級な時計を付けているのもいいと思います。プチプラでもアクセントになるものなら良いと思います。
これは、さりげないおしゃれに必要な「抜け感」というものです。

 

例えば、ジャケットにジーンズなど、一見正反対と思われるものを敢えて合わせるという上級者のテクニックです。

 

これはジャケットの中はボタンダウンのシャツなどを着てはいけません。敢えてTシャツです。そのTシャツの上にネクタイなんかでもおしゃれです。

 

個人的な主観ですが、おしゃれな人っていうのは、自分に似合うものや好きなものがはっきりとしています。

ファッションは自己主張ともいえますから、自分を表現するために自分に似合うものや好きな色やスタイルを知ることが重要ですね。

そして安いものを着こなすのは上級者のワザです。おしゃれに見せるならやはりよいブランドの質の良いものを身に着けたいものです。

 

それ相応に見えるようになります。

関連ページ

やっぱりオシャレな男性がイイ
つき合うならおしゃれがいい?それとも自分が変える方がいい?どちらでしょうか?